地域包括ケア病床のご紹介

地域包括ケア病床

患者さん・ご家族の皆さまの
ご自宅・施設での安心できる生活を
送れるように支援します。

地域包括ケア病床とは

「地域包括ケア病床」とは、急性期治療のため入院した後、病状が安定した患者さんに対して、リハビリ、退院支援など効率的かつ密度の高い医療を提供するために導入された病床のことをいいます。病院に入院された患者さんの中には退院後の生活に不安があったり、医療者の在宅復帰・転院支援を必要とする方がいます。こうした方々がご自宅への退院や施設への転院までの間、医療や自宅への退院支援を受けることのできるのが地域包括ケア病床です。当院では患者さんが安心してご自宅等に帰れることを第一の目標として、各職種が連携して、患者さんの退院後の生活準備のお手伝いをします。

対象となる方

  • 介護施設・自宅で療養を継続している方で、肺炎などの疾患により入院による治療が必要となった方
  • 入院による治療で症状は安定したが、もう少し経過観察が必要な方
  • 入院治療により症状が安定し、在宅復帰に向けてリハビリテーションが必要な方
  • 在宅療養に向けて介護サービスや自宅の環境整備など、療養準備が必要な方
  • 介護老人保健施設・ショートステイ等の介護施設に入所する前の調整期間が必要な方
  • 自宅において患者さんの家族が何らかの理由(冠婚葬祭や旅行)で、一時的に看護や介護をすることができない時に入院させること(レスパイト入院)

入院期間

地域包括ケア病床は、施設入所または自宅退院を目的に入院受け入れをしています。
入院期間は、最大60日間までとなっています。
60日間に退院後の不安の軽減ができるようなリハビリ・自宅の環境整備、退院先の調整等を行います。

よくある質問

地域包括ケア病床ではどんなことをするのでしょうか?

1自宅退院、社会復帰、寝たきり予防などを目的にリハビリを行う病床です。病棟のスタッフが連携して、患者さん・ご家族の皆さまが安心できるようにサポートしていきます。

地域包括病床の入院と、一般の病床での入院とは 何が違うのでしょうか?

地域包括ケア病床では包括算定という方式で、定額の入院料の中に入院基本料、投薬、注射、処置、検査、画像診断、リハビリの治療が含まれています。この入院費用は1日あたりの費用として算出されるので、一般病床のそれぞれ使用したお薬や検査・リハビリなど使用/利用した医療費ごとの請求とならず費用が高額になりやすくなります。
75歳以上の後期高齢者に該当する方は、毎月の医療費の負担限度額が定められているため、一般病床での入院の負担額はほとんど変わりません。

入院期間の60日とは、1回の入院ですか?年間を通して60日間でしょうか?60日よりも早く退院することもありますか?

1回の入院につき、最長60日間となっています。再入院の場合は基本的には3ヶ月後の入院が可能となります。状態が安定した時点で在宅や施設にご退院いただきますので、30日~50日など60日間入院するということは決まっていません。

介護度によって入院ができないということはありますか?

地域包括ケア病床への入院は、介護度の有無や重症度は関係ありませんので、どなた様での受け入れは可能です。

他の病院で急性期の治療を行った後に入院をすることは可能ですか?

はい、入院できます。具体的な流れについてはお電話にてご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

072-673-7722 

072-673-8656 

受付時間 平日(月曜~金曜)・土曜日 9:00~16:00

※日曜・祝日は、休診です。

入院・面会について

募集要項

看護部のご紹介

交通アクセス

〒569-0046 大阪府高槻市登町33番1号

サイトマップ

  • 受付時間

    午前:7:00~12:00
    午後:12:30~15:30

  • 診療時間

    午前:9:00~12:00
    午後:14:00~16:00

  • 休診日

    日曜日・祝日
    年末年始(12月30日-1月3日)